札所31番 鷲窟山観音院

寺の手前にある水子地蔵の紫雲山地蔵寺は、山を切り開き、ひな壇式に地蔵が並べられている。この世に生まれ出ることのできなかった水子が安らかに成仏できるよう、その菩提を弔うため石彫の地蔵を納めた霊場で、一体一体に赤い前掛けや風車が供えられています。そこを突切り、トンネルをくぐり沢沿いの道を行くと、右手の山麓に仁王門が見えてくる。仁王は身の丈1丈3尺、台座まで入れると4mを超す札所第一の高さを誇る荒削りの石像で、1868年長野の石工藤森吉弥一寿の作と言われます。秩父札所31番の門をくぐると、不規則に踏石を置いた急な石段道で、上りつめると三方を岩壁に囲まれた平坦地で、正面奥に近年再建されたコンクリート造り、三間四面の観音堂が建っています。堂の左側岩壁から一条の滝が落ちていて、その落差は約60m、滝下の池のそばには不動明王が立っています。秩父札所31番は昔は、水量も豊富で修験者たちが滝に打たれて荒行をしたといわれ、それを証するように池の近くの断崖には体長18cmほどの爪彫り千体仏が浮き彫りされております。

みやま路を かきわけ尋ね ゆきみれば わしのいわやに ひびく滝つせ

住所:秩父郡小鹿野町飯田観音2211 TEL:0494-75-3300

札所31番

立派な仁王門があり、大きな仁王様が立っています。明治元年に製作されたものであります。ここに仁王様の大きな手相があります。願意を書いて奉納するのであります。次のように書いております。「この手形は 石造りでは日本一 古人が刻んだ重さ十屯 一年間あなたの手助けをします」

 
札所31番

仁王門をくぐると石段があり、観音堂までつづいています。やくよけかいだんと彫られた所からはじまります。石段の数は296段あって、般若心経276字と、普回向20字の合計の数になります。一段づつお経を唱えながら登っていくと、厄除けのご利益があるといいます。

 
札所31番

寺の堂の左側に滝のしぶきを浴びて不動明王が剣を持って立っておられます。不動様は悪鬼を払い、家内安全のご利益があるといわれております。滝の下には鯉の姿もみられ、とても美しいです。近くには家内安全、子育てのご利益がある地蔵尊も祀られております。

 
札所31番

断崖の下にある宝篋印塔は大きなものであります。嘉永四年、当町の森玄黄斎翁が造り奉納しました。この塔の前に立って拝むと佛恩の有難さが判ります。家内安全、健康のご利益があるといわれております。熱心に拝んでいる巡礼者の姿をみかけます。

 
札所31番

寺の滝の左側の断崖の大岩に刻まれた磨崖佛は有名で、県指定史跡であります。弘法大師の爪彫りで、十万八千体あるといいます。風雪に堪えてきたこの磨崖佛を拝んでいる人も多いです。永い歳月にわたって人々に心の安らぎを与えてきたのであります。

 
札所31番

左手の大岩の崖に弘法大師像があります。高いところから観音堂を守護するように見守っておられます。この聖地を守護し、拝む人の家内安全を守って下さるといわれております。多くの巡礼者が拝んで行く姿をよく見かけます。

 
札所31番

納経所の奥の左手には、新生代第3紀(2千万年前)の地層があります。花崗岩質砂岩と礫岩の互層、ノジュール(結核もある)もあります。とてもすごくて見上げるよな地層です。多くの巡礼者がここを通り奥の院へいきます。

 
札所31番

納経所の先の細い石段を上がって行くと、今度は下へ行く道があります。そこを下がっていくと断崖の切れ目にお地蔵様がズラリと並んでいる場所があります。本田次郎親常の馬繋場跡もあり時代を感じることができます。こんなところまで馬がくるとは・・・すごいですね。

 

最新記事

Count per Day

  • 7575総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 21昨日の閲覧数: